いらっしゃいませ、ようこそサガミへ!

飲食店で混雑しているとき、ウェイトボードのようなものに名前や人数を記入して案内を待ちますよね?
その1連の流れをPepperで行うのが、サガミ受付システムです!

タブレットなどをウェイトボードとして利用しているお店を最近よく見かけますが、サガミ受付システムはPepperを活かし、番号呼び出しや席案内も行います。また、話しかけながら予約の受付を行うため店内の雰囲気作りとしても活躍します。

このサガミ受付システムは、タブレット端末をコントローラとして利用しPepperを操作するため、店員の方の判断でお客様を呼び出したりCMを流したりすることが可能です!

お客様名 株式会社サガミチェーン 様
設置目的 Pepperにウェイトボートの役割をさせる
設置場所 サガミ様 各店舗
設置期間 2か月
機能(イベント内容) ①ウェイトボート表示
②予約受付
③お客様呼び出し、案内
④動画(CM)再生
開発期間 3か月
開発メンバー 幅早希(流通ソリューション部 第1担当)
伊藤圭一(社会情報ソリューション部 第1担当)

お客様の声

Pepperアプリ(お歳暮紹介・お遊びアプリ)に対する印象
お客様もスムーズに画面を見ながら操作できている事には関心致しました。
Pepperを導入してみてどうだったか
暇な時間帯は、通常のペッパーで、待合が必要な時間帯に、このシステムに切り替えて起動できることがうれしいです。
今後どんなことに期待するか
きっとできるようになると思いますが、周囲の状況を認識しながら、ペッパー自身で仕事を切り替えることができると、より人間らしい待合ロボになると思います。
あと、ペッパーの自己判断で、子供へのサプライズが増えれば尚よくなると思います。

sagami.jpg
dev_haba.jpg

開発者の声

幅早希(流通ソリューション部 第1担当)

飲食店での受付、案内は特にスピード感が求められると思います。また、待っているお客様の感情としては「待ち」というネガティブな状態でもあります。その状況を、いかにPepperを活用し緩和させるか、ということにとても苦労しました。また、淡々と予約を取るだけ、案内するだけではPepperが活きない…。かといって話しすぎてしまうと時間がかかってしまう…。と、この間のちょうど良いところを考えながら開発しなければならなかったことも苦労しました。これは他のPepper開発やシステム開発とは違うのではないかなと思います。
サガミ受付システムの開発に携わり、他のシステム開発にはない「Pepperらしさを出す」というところが一番苦労しましたが、Pepperらしさが出たときはとても達成感を感じました。そこがPepper開発の一番の魅力だと思います。

お客様紹介

株式会社 サガミチェーン 様

東海地区を中心として関西、関東、北陸で和食麺類のファミリーレストランチェーンを展開しております。

所在地:〒463-8535愛知県名古屋市守山区森孝1-1709
設立:昭和45年3月4日
業種:小売業
事業内容:和食麺類のファミリーレストランチェーン
URL:http://www.sagami.co.jp/